日本世代間交流学会 第7回全国大会報告

 平成28年10月8日(土)東邦大学看護学部にて、日本世代間交流学会 第7回全国大会が開催されました。雨で足元の悪い中、様々な分野で活躍される方々にご参加頂きました。
 今大会では、「人口減少社会における世代間交流~つながる未来へ~」をテーマに高齢者の力を活かした現代の子育て支援の在り方や子育て世代だけではなく高齢者とともに次世代を育成していくことを見据えた内容となりました。特別講演では、講師として東京大学名誉教授 神野 直彦氏をお招きし「人口減少社会における世代間交流 つながる未来へ」(座長:福島富士子氏)を御講演頂きました。シンポジウムでは、4人のシンポジスト(野中 久美子氏、松永佳子氏、遠藤洋子氏、棒田明子氏)による「次世代育成力とジェネラティビティ」(座長:藤原 義則氏、内田 勇人氏)を開催致しました。研究発表は、口頭発表6件、ポスター発表8件、自由集会1件となり、大盛況のうちに終えることができました。
 多くの企業の皆様、関連団体の皆様からのご協力、ご支援を頂きました。また、学会員の皆様からも多大なるご協力を頂きました。日本世代間交流学会 第7回全国大会実行委員より深く感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

日本世代間交流学会 第7回全国大会
大会長 福島 富士子(東邦大学看護学部 教授)

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ